弁護士が、依頼者が本来行わないといけない交渉や裁判を一手に引き受けるので、精神的苦痛を軽減するほか、弁護士は交渉のプロであるため、早期問題解決や円満な解決が見込めます。




弁護士費用は、「着手金」と「報酬金」に分かれます。

「着手金」・・・
事件をお引受けする時点で、お支払いいただきます。費用は、事件により金額は異なり、事件の成果に関係なく返金はできません。
「報酬金」・・・ 事件が終了した時点で、お支払いいただきます。金額は成功報酬ベースですので、獲得した額により異なります。

なお、契約書作成費用は、程度・内容によりますが、5万円からになります。

当事務所では、非常に良心的な費用で引き受けておりますので、依頼者にも喜んでいただいております。



民事訴訟事件では、事件内容にもよりますが、半年から1年半くらいが目安です。
刑事事件では、数ヶ月が目安です。



弁護士および事務員には、守秘義務、つまり秘密を守る義務があります。つまり、秘密は確実に厳守されるので、安心してご相談していただけます。